タイムボックスを使用して生産性を向上させる

効率的な時間管理の秘訣はタイムボックスです。これは文字通り、枠の内側で考える必要があるときです (外側ではありません!)。 時間を体系的にボックスに配置すると、仕事を順調に進められ生産性が向上します。

生産性を維持するのに苦労している場合、このガイドは真の救世主となるでしょう。ブログ記事を読み、その方法を見つけてください。

  • タイムボクシングとは何か?
  • 時間を有効に活用するにはどうすればよいか?
  • 効果的なカレンダーを作成するにはどうすればよいか?

結果に基づいてルーティンを変える準備はできていますか?

タイムボクシングとは何ですか?

タイムボクシングとは、タスクに事前に一定の時間枠を割り当てることを意味する時間管理手法です。この手法を使用すると、スケジュールをいわゆるタイムボックスに分割し、割り当てられた時間枠内で各アクティビティを完了させることができます。タイムボクシングアプローチを正しく適用すると、自分の時間を大切にしながら歩むことができます。

タイムボクシング手法の背後にある主なアイデアは、タイマーが緊迫感を吹き込むということです。貴重な労働時間を雑念のために無駄にするのではなく、可能な限り前進するために決められた期間があることはご存じのことでしょう。

タイムボクシングとは、重要な割り当てに優先順位を付けて生産性を向上させることです。このように綿密に計画されたセッションにより、各タスクに費やす時間を正確に見積もることができ、精神的な疲労を取り除くことができます。

タイムボクシング手法の利点

今後のタスクを計画するとき、人々は計画の誤りの犠牲者になることがよくあります。私たちは将来のプロジェクト期間について楽観的になりすぎて、特定のタスクを完了するのに必要な時間を過小評価する傾向があります。タイムボクシングは、不正確な予測に対する強力な武器です。そして、これは単なる利点ではありません。

効率的な時間管理手法として、タイムボクシングには次のような複数の利点があります。

  • 簡単に始められる:ピチル博士が管理する心理学研究では、先延ばしは自己規律とは無関係であることが示されています。むしろ、大規模なプロジェクトに伴うネガティブな感情を排除するために、重要なことを延期にします。タイムボクシングを使用すると、不必要な過負荷を避け、管理可能な部分の作業に集中し続けることができます。
  • 時間の経過に対する意識の向上:各タスクを完了するまでに費やした時間を簡単に追跡できます。タイムボックスは一定の制限内で、整理整頓をすることができます。
  • 生産性の向上:最も重要な責任に集中し、最初に何をする必要があるかに注意を向けます。
  • 注意散漫を避けることができる:絶え間なく続く通知、チームチャット、およびアップデートには多大な注意が必要です。実際、電子メールのチェックには数秒かかりますが、そのような混乱は常に増加し続けています。そこでタイムボクシングの手法が登場します。
  • 過重労働の防止:厳格な境界線は、各タスクの期限を明確に把握するのに役立ちます。 最終的にはカレンダーで不要なプロセスがブロックされ、残業時間を減らすことができます。

タイムボクシングの手法を使用すると、貴重な1分1秒をすべて管理し、重要なプロセスが妨害により中断しないようにすることができます。  

効果的にタイムボックスを作成するにはどうすればよいですか?

To Doリストが腕のように長いと、ストレスがたまりやすくなります。この罠に陥らないように、タイムボクシングを使用してください。このシンプルかつ効果的な方法を利用すれば、作業スケジュールを最大限に活用し、成果を最大化することができます。次の5つの手順に従って、タイムボックスカレンダー管理を行い、生産性を向上させましょう。

ステップ 1. タイムボックス用のタスクを見つける

全体として、タイムボックスカレンダーにはどんなタスクでも選択できます。ただし、膨大な労力と献身が必要な仕事 (本の執筆やウェブサイトの開発など)にはタイムボックスを割り当てておくのがベストです。達成可能なマイルストーンを設定することで、膨大な作業量に落胆することなく、本質的にプロセス全体を楽しむことができます。

ステップ 2. 各タスクにタイムボックスを割り当てる

タスクを選択したら、特定のプロジェクトごとにいつからいつまで、どのくらいの期間作業するかを決めます。例えば200ページの本を書いているとします。完成までに2か月あります。最終的な目標と目標期限がわかったところで、計算してみましょう。最終目標を達成するには、1日に約4ページ書く必要があります。これは、50日間で本の執筆を完了し、残りの10日間を改訂と改善に費やすことを意味します。

ステップ 3. 時間を見積もり、割り当てる

次に、選択したタスクのタイムボックスを設定するという重要な段階に進みましょう。 最終目標を念頭に置いて、今後のすべてのプロジェクトに毎日の開始点と終了点を割り当てる必要があります。それぞれの特定のタスクに最適な時期はいつであるかを考えてください。例えば、午前中に文章を書くのが苦手かもしれません。その場合、責任をいくつか振り替えることを検討してください。朝の時間を掃除や運動などの身体活動に割り当て、日中の時間を執筆に割り当てます。

オンラインツールが充実しているため、タイムボックス内の議題を作成するのがかつてないほど簡単になりました。無料のツールを使用して課題スケジュールを作成し、あらゆる活力を賢く計画しましょう。

ステップ 4. タイムボックスの間に休憩を入れる

自分自身に休憩を与えることを忘れないでください。タイムボックスプランナーに短い休憩のスペースを設けると、最終的には重要なプロジェクトに対する注意力が高まります。疲れを感じる前に、しっかりと充電をしておきましょう。時々、創造力を発揮するために、しばらく離れたくなることもあるでしょう。タイムボクシングのテンプレートは次のようになります。

ステップ 5. 各タイムボックスの後に結果を確認する

明確な計画があれば、1日の計画を立てるのはずっと簡単になります。ただし、進捗状況を常に確認するようにしてください。携帯電話のタイマーを使用してアクティビティを監視することをお勧めします。さらに、ルールが1つあります。タイムトラッカーがスタートしたら、必ず停止する必要があります。各タスクを完了したら、時間をかけて成果を評価します。すべては計画通りに進んだか?タスクを完了するのに十分な時間はあったか?気が散ることはなかったか?すべてをメモして、タイムボクシングカレンダーを更新しましょう。

結論

整理整頓されたボックスに時間を費やして、集中力を鍛えましょう。このアプローチにより、進捗がより速くなり、より良い結果を得ることができます。マイルストーンの達成に挑戦し、時間をかけて改善点を振り返りましょう。


タイムボクシングを使用して生産性を向上させる

  1. タイムボクシング用のタスクを見つける

    多大な努力と献身が必要な仕事には、タイムボックスを割り当てておくとよいでしょう。 達成可能なマイルストーンを設定することで、膨大な仕事量に落胆することなく、本質的にプロセス全体を楽しむことができます。

  2. 各タスクにタイムボックスを割り当てる

    タスクを選択したら、特定のプロジェクトごとにいつからいつまで、どのくらいの期間取り組むかを決定します。

  3. 時間を見積もり、割り当てる

    最終目標を念頭に置き、今後予定されているすべてのプロジェクトに毎日の開始点と終了点を割り当てる必要があります。それぞれの特定のタスクに最適な時期はいつであるかを考えてください。

  4. タイムボックス間に休憩時間を設ける

    自分自身に休憩を与えることを忘れないでください。タイムボックスプランナーに短い休憩のスペースを設けると、最終的には重要なプロジェクトに対する注意力が高まります。

  5. 各タイムボックスの後に結果を確認する

    明確な計画があれば、1日を整理するのがずっと簡単になります。ただし、進捗状況を常に確認するようにしてください。各タスクを完了したら、時間をかけて成果を評価しましょう。


関連リンク: